【AI×異音検知】人手不足や事業継承問題など日本社会の課題を解決したい。

Hmcomm株式会社

AIによる異音検知、予兆検知事業  異音検知プラットフォーム「FAST-D」

「熟練職人が耳で聞いていた作業」をAIでフォローする。属人化やスキルの偏りをなくしたい。

当社は国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研)から音声認識技術を移転されたベンチャー企業です。独自の音声認識技術を持っており、日本語や企業内用語・業界専門用語に特化した音声認識技術を保有しております。

 

 

課題・解決策

異音検知をはじめとした「モノの音声認識」により、人手不足などの社会課題を解決したい。

 

 異音検知は業界業種・利用形態などを問わないものであり、日本社会の課題解決と発展に非常に大きく貢献できるものだと考えております。例えば、「故障予兆検知」などが可能となりますが、これは単に人間の作業をAIに置換するといっただけでなく、「職人による属人的なノウハウを可視化」して画一的なサービスの提供ができるといった労働力減少や事業承継の対策にもなりえる可能性がございます。つまり、日本社会における喫緊の課題への解決策にもなりえるテクノロジーであるといえます。

 

 非属人化をAIによって実現することで、人手不足の解消、橋梁やトンネル・舗装道路のような社会インフラ保守による国民への安全提供や、機械の故障予兆検知による生産性向上、医療分野への活用による健康寿命の引き上げなど、画像と音の警備による治安維持など、AI異音検知技術が社会に活用できる場面は多くあると考えております。

 

 これらを実用化させるためには、AI分析用の収音データが大量に必要です。そのため、私たちのほかに「現場で協力していただける企業」のご協力が必要不可欠でありますが、一緒に取り組みを行っていただける企業様の数が圧倒的に不足しており、必要十分な収音データの数には理想と比べても程遠いものとなっております。

 私たちはAI分析のプロフェッショナルですが、「現場」のプロフェッショナルではありません。私たちの技術は業界に縛られないため、「人が耳で聞いてわかる異常」であれば分野業種などは問いません。人が聞いてわからなくてもマイクで収音できるならば、収音データ化することが可能です。すでにプロジェクトが進んでいる一部分野を除いては、まずは実証実験(PoC)からのスタートになります。この取り組みに対して、協賛していただける企業様を募集しております。

 

AI分析をするためには収音データが大量に必要ですが、圧倒的に不足しています。

「AI異音検知により豊かな社会を作る」という目標に、一緒に取り組んでいただける企業様を求めています。

 

 

ミッション

 私達は、「音声認識・異音検知」について、これら技術を民主化して誰でも簡単に利用できる世界を作りたいと考えています。音声認識技術を社会実装することは非常に難しいものです。しかしながら、国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研)から技術移転を受けたテクノロジーをベースに事業をスタートできたことに加えて、産総研からは人的・技術的な支援を惜しみなくいただけていることもあり、苦労はありましたが社会実装できるレベルまで達成することができました。「キーボードレスな社会を作りたい」というミッションをかかげて、それを全社員で共有しながらまだ見ぬ新技術に対して日夜研究開発に励んでいます。

 

 当社は「AIで価値を創出し、革新的サービスを提供することにより社会に貢献する」ことを経営理念に掲げ、AIの技術スペシャリスト集団としてこれまで歩んでまいりました。当社は従業員60名程度の小さな会社です。音声AI分析分野においては大手企業に負けず劣らずの高い技術力を保有していると自負しておりますが、知名度と、広告力、営業力にはその規模ゆえに限界を感じています。先端技術と既存技術を擦り合わせて、既存の伝統あるマーケットの常識を、我々の手でリプレイスを一つでもしてみたいと思います。それがベンチャーの強みでもあり、Hmcommの使命であるとも言えます。

 

もし、ご興味をお持ちいただけそうな企業担当者がいらっしゃいましたら、是非ともアポイント支援のほどよろしくお願いいたします。

 

養豚プロジェクトの事例紹介です
養豚プロジェクトの事例紹介です
日本経済新聞で取り上げられました
日本経済新聞で取り上げられました

紹介先へのメリット

  • 1
    AI異音検知は世界的にも類を見ない技術であり、「最新の取組をする企業」という自社ブランディングができる。
  • 2
    抱えるビジネス課題に対しデータ分析からアプローチを行い、AIを活用して課題解決を行うことができる。
  • 3
    「属人化している専門作業」をAIに置き換えて、事業継承問題への対応ができる。

実績

▼実績
多くの大手上場企業様にて、AI異音検知の実証実験および事業化に取り組んでおります。(プロジェクト推進中:約10社)これは、わかりやすく言うと「職人が聞いてわかる異常な音」をAIで安定的に検知していくという内容で、これから発展していく技術です。工場プラント、養豚、機械、医療、広告などの分野で活用できますが、業界などは問わないものとなります。例えば、機械の設備点検(予兆検知)や、打音による異音検出などが出来て、非属人化の推進などに役立ちます。

1.音声データでパイプラインのつまりを予知する診断事業が経産省に採択
(横河ソリューションサービス様、日本ゼオン様)
https://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1806/20/news049.html
2.豚の音声を収集し健康状態や母豚の発情兆候や哺乳回数を検知するシステム
(宮崎大学様、三菱ケミカル様共同開発)
https://www.mitsubishichem-hd.co.jp/news_release/pdf/00845/00940.pdf

▼主な導入実績
・鉄道会社:車両の異音検知
・養豚農家:豚の鳴き声から風邪などの疾病検知
・医療機器:人の心肺音からの異常検知
・建物管理:機械室全体の空間異常検知
・プラント:音声によるパイプラインのつまり検知

▼メディア
・日本経済新聞 他

アポイント支援依頼 1
下記の企業の紹介を求めています

実際に紹介するかどうかは話を聞いた後に判断できます

話を聞くときは対面以外にもビデオ通話も推奨しています
ご紹介していただきたい方
  • 【成約報酬あり】経営者、R&D部門(責任者)、新規事業開発部門(責任者)

無料会員登録するとご協力金などの詳細を確認できるようになります

企業情報

Hmcomm株式会社

ウェブサイト
住所
〒105-0012
東京都港区芝大門2丁目11番1号
業種
その他のIT・通信業 ITコンサルティング
電話番号
03-6550-9830
設立年度
2012
社員数
50~99
売上
-
資本金
280,000,000
サポーター
12
T
サポーターになると 「サポーターになった事業一覧」 に追加されます
まずは話を聞きたい
4