敷金を流動化できる唯一のサービス!眠ってしまう敷金を事業に活用できます。

株式会社日本商業不動産保証

オフィス賃貸で預ける敷金を保証に代える「敷金半額くん」

眠ってしまう多額の敷金を流動化することで、移転費用の削減や事業資金を確保できるサービスです。

課題 

事業を拡大していくために、できるだけ多くの資金を本業に活用したいとお考えの企業様が多いのではないでしょうか?

また昨今のコロナウイルスの影響により、できるだけ現金を確保しておきたいというニーズも大きくなっているのではないでしょうか?

 

賃貸オフィスでは、入居の際に数百万円から数千万円、大きいオフィスだと億円単位の「敷金」を預ける必要があります。
企業はせっかく事業資金として調達した多額の資金を「敷金」として寝かせてしまっているのが現状です。
この敷金、もったいないと思いませんか?

 

解決策

本来、敷金は入居する企業の賃料滞納や破産・倒産など万が一のことに備えて不動産オーナーが預かるお金です。
そのため「万が一」のことがなければ、入居期間中はずっと活用されることなく眠ったままのお金となっています。

 

弊社の「敷金半額くん」は、預託する敷金の一部を保証に代えることができるサービスです。
企業は「敷金半額くん」を利用することで本来、退去まで預けたままになるはずだった敷金が削減でき、運転資金や採用・新規出店など事業に活用することができます。


利用場面としては、移転での入居の際に「敷金半額くん」をご利用いただくことで預ける敷金を減らすことができます。
また入居中にもご利用いただくことが可能で、この場合は既に預けている敷金の一部が手元に返ってきます。

 

不動産オーナー様にとっては現金として預かる敷金が少なくなりますが、減額した敷金分は弊社が保証する(何かあった場合は弊社がオーナー様に削減した敷金分の金額をお支払いする)ため、万が一の未払い賃料や原状回復費発生等の損失分はしっかり担保できる仕組みです。

そのため、オーナー様には安心して敷金を減らしていただいています。

 

詳しくはこちらの動画をご覧ください(youtubeサイトへ移動します)

■敷金(保証金)半額くん ⇒ https://youtu.be/RhKH61ljKzs

 

 

ミッション

敷金を流動化することで眠った資金を活用できる弊社サービスは入居企業様及び不動産オーナー様の双方をご支援でき、社会に貢献できるサービスだと確信しています。
おかげさまで事業開始以来、多くの入居企業様、不動産オーナー様に弊社サービスを導入いただいております。
弊社の敷金減額保証サービスを利用して入居することが、事業用賃貸不動産業界のスタンダードになるよう、事業を推進しています。

 

紹介先へのメリット

  • 1
    敷金の流動化により、本業に活用できる資金を増やすことができます。
  • 2
    入居時に預ける敷金を減らせることにより、移転のイニシャルコストを削減できます。
  • 3
    増資や借入、リースなど他の資金調達方法よりも簡素な手続きで利用できます。

実績

▼導入実績
財閥系デベロッパー、J-REIT、ファンド各社など、大手オーナー様でご利用実績がございます。
⇒住友不動産様 / 日本リート投資法人様 / いちごオフィスリート投資法人様 / 東京建物様 / 東急電鉄様 他

また、上場企業様からスタートアップ企業様まで様々な企業様にご利用いただいております。
⇒弊社HPにお客様の声として掲載させていただいておりますので、下記URLよりぜひご覧ください。
https://jpcpg.co.jp/category/customer/

▼メディア掲載
日本経済新聞様や西日本新聞社様、週刊ビル経営様など様々なメディアに掲載いただきました。
※記事詳細はこちらから「 https://jpcpg.co.jp/category/news-media/

アポイント支援依頼 2
下記の企業の紹介を求めています

実際に紹介するかどうかは話を聞いた後に判断できます

話を聞くときは対面以外にもビデオ通話も推奨しています
ご紹介していただきたい方
  • 資金の活用や流動化をお考えの企業様
  • 初期コストを抑えて移転をしたいとお考えの企業様

無料会員登録するとご協力金などの詳細を確認できるようになります

企業情報

株式会社日本商業不動産保証

ウェブサイト
住所
〒105-0003
東京都港区西新橋1丁目7番2号虎の門高木ビル3階
業種
その他の金融業 不動産賃貸仲介
電話番号
03-6206-1669
設立年度
2011
社員数
-
売上
-
資本金
-
サポーター
10
T
T
サポーターになると 「サポーターになった事業一覧」 に追加されます
まずは話を聞きたい
6