グローバル市場に向けて挑戦を続ける企業を応援したい

ボーダー株式会社

出張支援クラウド『BORDER』

出張の手配・管理等の業務を改善する出張支援クラウドサービスを運営しています。

紹介先へのメリット

  • 1
    チャットの活用で、スピーディーかつ手間のない出張手配を実現
  • 2
    出張情報を自動で集約、可視化・分析がラクラク
  • 3
    独自オペレーションで圧倒的な安さを実現
添付資料
BORDER_brochure.pdf
サポーターになると、この事業の資料をダウンロードできるようになります

課題


フライトの検索や予約、出張先のホテルの手配など海外出張の手配には膨大な時間と労力を要します。また、手配方法によってはコストをグッと抑えられるなど知らないと損をするようなケースもあり、企業における出張手配の領域はまだ最適化・効率化がなされていないという大きな課題があります。


 


解決策


私たちが提供する海外出張支援クラウド『BORDER』は、そんな煩わしい海外出張の手配・管理等の業務を改善するサービスです。


 


いつ、どこに行き、何が必要かを伝えるだけで、あとはBORDERの出張アシスタントが手配を代行。 


 


フライトや宿泊施設以外にも様々な手配物を一括で依頼でき、自分で探す手間が省けコア業務に注力できます。やり取りはチャットで進むため、コミュニケーションもスムーズです。


 


手配情報は全て可視化され、管理部門での情報把握も簡単に行えます。 また、それらの情報を基にしたレポートの活用で、コスト削減に向けた取り組みも促進。


 


BORDERを活用された多くのお客様が、直接的なコスト削減のみならず人件費など間接的なコストの削減を達成しています。


 


ミッション


私たちは出張のプロフェッショナルとして、企業がグローバルビジネスに注力できるインフラ作りをお手伝いしています。


 


テクノロジーを活用し、新しい働き方を取り入れながら、世界との距離を縮める力を提供する。企業は、世界で戦うためのビジネスのことだけを考えていればいい、それが私たちの理想です。


 


もしご興味をお持ちいただけそうな方がいらっしゃいましたら、ぜひアポイント支援のほどお願いいたします。


 

管理担当者は手間なく社内の出張状況を把握
管理担当者は手間なく社内の出張状況を把握
シンプルで直感的に利用できるUI
シンプルで直感的に利用できるUI

実績

・ITサービス企業様
・消費財メーカー様
・食品EC企業様
など、大手からスタートアップまで企業規模問わず数多くの法人が利用中です。

【活用事例】
株式会社メルカリ様
https://border.co.jp/casestudy/mercari/

株式会社モンスター・ラボ様
https://border.co.jp/casestudy/monstar-lab/

全ての活用事例
https://border.co.jp/casestudy/

【メディア掲載】
『Forbes JAPAN』に掲載されました
https://border.co.jp/media/forbesjapan_171211/

『BUSINESS INSIDER JAPAN』に掲載されました
https://border.co.jp/media/businessinsider-jp_180724/

最後まで事業内容をご覧いただきありがとうございます!
この事業がいいなと思ったら、サポーターになってみましょう
企業情報

ボーダー株式会社

https://border.co.jp/
住所
〒160-0022
東京都新宿区新宿1丁目3番8号
業種
情報処理・ソフトウェアサービス 旅行代理店 その他のWebサービス・アプリ
電話番号
-
設立年度
2014
社員数
10~49
売上
-
資本金
-

ボーダー株式会社の事業を自社に導入したい方へ

お問い合わせはこちら
サポーター
17
L
K
西
N
ご紹介できるかも
13
サポーターからの応援メッセージ
西
この度はありがとうございました! また、貴社のニーズに合った知人がおりましたらご紹介させていただければと思います。今後ともよろしくお願いします。
ボーダー株式会社 田中様 この度は、ありがとうございました。 また機会があれば引き続き、貴社の事業を支援していきたいと思っておりますので、よろしくお願いします! 原
サポーターとは?
応援したい事業を運営する企業へ、アポイント支援(顧客候補の紹介)をする方のことです。 サポーターになることで、企業の担当者とメッセージのやり取りや、事前打ち合わせなどができるようになります。
アポイント支援の価値
サポーターによるアポイント支援の価値や意義についてはSaleshubの想いをご覧ください。