「中小企業の生産性向上」を実現し、「日本の再興」に貢献する。

株式会社働き方改革推進室

「ウィズコロナ時代」適応 「経営者と社員と会社の「プロ化」を促進する人事・組織制度」構築支援

「ウィズコロナ時代」に勝ち残るための「経営者と社員と会社の「プロ化」を促進する人事・組織制度」

 「ウィズコロナ時代」適応

生き残るための

「経営者と社員と会社の「プロ化」を促進する人事・組織制度」構築支援

「コロナ・エフェクト」により、「働き方」も大きく変わりました。

 

「テレワーク」と「オフィスワーク」の「業務目的別「最適」組み合わせ」が、今や「標準仕様」となりつつあります。

 

そのような「時流」に対して、どのような人事(採用・育成・評価)制度に改革すれば、

貴社は、勝ち残ることができるのでしょうか?

 

ピンチをチャンスに変えることが出来る経営者・企業のみが、生き残り、勝ち残ることが出来ます。

 

勝ち残りたいなら、

勝てない「日本型雇用制度(終身雇用・年功序列)」を捨てて、

勝てる「市場価値本位型(MVO)雇用制度」を導入しましょう!

 

「日本型雇用制度(終身雇用・年功序列)」は、「失われた30年」の主要因

「日本型雇用制度」は、 「個を弱く(=アマチュア化)し、組織を弱く(=アマチュア化)する」

 

こんな制度を温存していては、これからも、負け続けることは、必須

 

このままでは、「失われた」40年、50年・・・となってしまいます。

「個を強く(プロ化)し、組織を強く(プロ化)する」

市場価値本位型雇用制度

(MVO:マーケット(M)バリュー(V)オリエンテッド(O))

の導入を、強く推奨いたします!

 

「経営改革⇒組織改革⇒働き改革」のポイントは、人材の「雇用」制度であり、「評価&処遇」制度

 

なぜなら「組織=人材」を動かすのは、「雇用」と「評価&処遇」だから。

 

それでは、「どのように雇用」し、「何を評価」し、「どのように処遇」すればよいのでしょうか?

 

「時流適応・変化対応」が成功のカギ

①「活躍(=高価値)人材」の労働観の変化に対応 ②「デジタル化」の進展による事業の変化に対応

この「二つの変化」に対応した「評価のポイント」は、「二つの貢献」

 

この「二つの貢献」を、「公正」に「評価」し、「処遇」をすれば、

「活躍(=高価値)人材」が、「①採用できる②活躍する③定着する」

⇒強い組織ができる⇒強い経営ができる⇒会社の勝ち残りの実現

紹介先へのメリット

  • 1
    テレワークとオフィスワークの「業務目的別最適組み合わせ」が標準となった今、それに対応した「人事・組織制度」が構築できる!

実績

東証2部上場企業様を筆頭に、我々「働き方改革推進室」は、勢いのあるベンチャー企業様にご活用いただいております。

アポイント支援依頼 1
下記の企業の紹介を求めています

実際に紹介するかどうかは話を聞いた後に判断できます

話を聞くときは対面以外にもビデオ通話も推奨しています
ご紹介していただきたい方
  • 年商5億以上または、社員数20人以上の経営者

無料会員登録するとご協力金などの詳細を確認できるようになります

企業情報

株式会社働き方改革推進室

住所
〒151-0063
東京都渋谷区富ヶ谷1丁目2番6号
業種
その他の専門コンサルティング 経営コンサルティング
電話番号
-
設立年度
2017
社員数
1~9
売上
-
資本金
-
サポーター
3
サポーターになると 「サポーターになった事業一覧」 に追加されます
まずは話を聞きたい
2