月3万円から広報・PR活動をスタートできる。クラウド記者クラブ「PRONE(プロネ)」

株式会社シプード

情報過多の時代に埋もれてしまった想いある企業の取り組みに光を当て、日本を元気に

月額3万円でPCやスマホから大手メディアに所属する記者に自社のアピールができるサービスです

紹介先へのメリット

  • 1
    月額3万円で50人以上の大手メディアの記者に直接PRしたり、情報提供することが可能
  • 2
    IT業界を中心に取り上げる120社メディア以上のメディアにプレスリリース一斉配信可能
  • 3
    週1回、シプードのPRスペシャリストが記者に持ち込む提案企画に相乗りできる
添付資料
03_PRONE広報担当者向け提案資料.pdf
サポーターになると、この事業の資料をダウンロードできるようになります

課題


〜情報過多の時代に埋もれてしまった想いある取り組みに光を当て、日本を元気に〜


 


情報過多の現代、うるさいものばかりが目立ち、本当に良いもの、良いことが埋もれてしまいがちです。


埋もれている企業やサービス・想いある取り組みを、一人でも多くの人に知って欲しい、困っている人に届けたい。だからメディアに取材して欲しい。そんな企業が全国にたくさんいます。


 


埋もれている企業やサービス・想いある取り組みが、メディアに報じられ、もっと光が当たれば、日本が元気になる。


 


これまで100社以上の企業や自治体の情報発信を支援してきた、広報・PRの家庭教師シプードの知見をいかして何かできないか。


 


そのように考え、シプードは記者に直接情報を届けられるクラウド記者クラブ「PRONE(プロネ)」の提供を開始しました。


 


解決策


私たちは自社の想いある取り組みを記事として取り上げてもらいたい企業が、ネタを探していると記者に直接情報を届けることができるクラウド記者クラブサービス「PRONE(プロネ)」 を運営しております。


 


発売開始以来わずか約1ヶ月で、50名以上の大手メディアに所属する記者が登録、30社以上の企業が利用しました。


 


また、多くの企業の広報・PR担当の方が効果を実感しました。
・記者発表会の案内状を配布したら取材に来てくれ記事化された
・記者への持ち込み提案イベントにエントリーしたら記事で取り上げられた
・記者が投稿した記事の企画にエントリーして情報提供したら、雑誌で取り上げられた


 


クラウド記者クラブを利用すると、こんな広報・PR活動ができるようになります。
・週1回当社のPRスペシャリストが記者に持ち込む提案企画に相乗りできる
・プレスリリースを作らず、投稿だけで記者にPRできる
・記者の記事企画に協力し、直接記者とつながれる
・広報・PR活動のノウハウ(Tips)や情報をゲットできる
・他企業に所属する広報・PR担当者と友達になれる


  


新聞・テレビ・雑誌・WEBなど媒体や規模、ジャンルを問わず、大手メディア関係者が利用しており、企業は自社事業の情報について投稿することでそれぞれの記者にアプローチすることができます。


 


また、記者はもちろん広報担当者同士でもつながることができるので、情報交換や記者に対して企業同士のコラボレーションによる共同提案をすることも可能です。


 


一度つながった記者に対してはメッセージを送ることができるので、オープンにできない特ダネなどを直接伝えることで、記事化を狙いやすくなります。


 


ミッション


日本には、優れた技術やサービスを提供するベンチャー企業や想いある取り組みを伝えたい企業がたくさんあります。現代の情報社会の中で、彼らの価値が埋もれない環境をITの力で実現します。


 


もし、ご興味をお持ちいただけそうな方がいらっしゃいましたら、ぜひアポイント支援のほどお願いいたします。

記者の情報募集にエントリーする、もしくは自身でタイムラインに投稿することで情報提供が可能です。記者が面白いと思えば、個別に連絡を取ることが可能になります。
記者の情報募集にエントリーする、もしくは自身でタイムラインに投稿することで情報提供が可能です。記者が面白いと思えば、個別に連絡を取ることが可能になります。
記者とPRONE上で「友達」になると、メッセージルームで記者とクローズドに情報交換ができます。多忙な記者の依頼に素早く対応することで、新たに繋がった記者とも信頼関係を築けます。
記者とPRONE上で「友達」になると、メッセージルームで記者とクローズドに情報交換ができます。多忙な記者の依頼に素早く対応することで、新たに繋がった記者とも信頼関係を築けます。

実績

当社はこれまで企業の広報担当者に報道関係者との良好な関係を築く方法を
アドバイスする「広報・PRの家庭教師」サービスを展開してまいりました。
これまでに約100社のスタートアップ企業の広報担当者を育成に携わってきました。

クラウド記者クラブを利用すると、こんな広報・PR活動ができるようになります。
・週1回当社のPRスペシャリストが記者に持ち込む提案企画に相乗りできる
・プレスリリースを作らず、投稿だけで記者にPRできる
・記者の記事企画に協力し、直接記者とつながれる
・広報・PR活動のノウハウ(Tips)や情報をゲットできる
・他企業に所属する広報・PR担当者と友達になれる

※※PRONE(プロネ)に登録する記者の所属先メディア一覧※※
【新聞・通信社】
日本経済新聞、読売新聞、朝日新聞、産経新聞、毎日新聞、共同通信など

【テレビ】
NHK、テレビ東京、日本テレビ、テレビ朝日、フジテレビ、TBSなど

【雑誌・ビジネス誌】
週刊ダイヤモンド、PRESIDENT、週刊東洋経済、Forbes Japan、日経ヴェリタス、日経コンピュータ、日経WOMAN、女性セブン、財界など

【Webメディア】
CNET Japan、ITmedia、ASCII、日経DUAL、日経xTECH、NIKKEI STYLE、日経デジタルヘルス、MarkeZineなど

最後まで事業内容をご覧いただきありがとうございます!
この事業がいいなと思ったら、サポーターになってみましょう
企業情報

株式会社シプード

http://shipood.com/
住所
〒105-0012
東京都港区芝大門1丁目3番17号
業種
その他の専門コンサルティング
電話番号
03-6277-2181
設立年度
2011
社員数
1~9
売上
-
資本金
10,000,000

株式会社シプードの事業を自社に導入したい方へ

お問い合わせはこちら
サポーター
18
S
H
K
M
N
ご紹介できるかも
12
サポーターとは?
応援したい事業を運営する企業へ、アポイント支援(顧客候補の紹介)をする方のことです。 サポーターになることで、企業の担当者とメッセージのやり取りや、事前打ち合わせなどができるようになります。
アポイント支援の価値
サポーターによるアポイント支援の価値や意義についてはSaleshubの想いをご覧ください。