【データ版メルカリ】安倍首相が推進するDFFTの元、企業間でのデータ利活用を促進したい

株式会社アイディオット

DP2

個人・企業が所有するデータをマッチングさせるプラットフォーム

課題


AI活用において、 多く企業が対面している問題が「技術者不足」と「データ不足」です。
技術のコモディティ化によって導入障壁が低減されつつある今、AI先進国との格差がさら に急に広まっています。


解決策


適切に「技術者」と「データ」を配置することで企業のAI活用を支援したいと考えています。
データドリブンなビジネスは大手企業か一部の最先端スタートアップなどでしか利用されておらず、その他の民間企業でもデータ分析を推進していくことで会社にとって大きな収益に貢献出来ると考えています。

 

ミッション

 

企業のAI活用を支援する。
DFFT(Data Free Flow with Trust)を民間視点から実現させる。

DP2
DP2

紹介先へのメリット

  • 1
    【販売者】自社で眠っているデータを収益に変えることが出来る
  • 2
    【購入者】自社で収集出来ないデータを利用し、人工知能やサービスの付加価値として利用可能

実績

▼ 導入実績
経済産業省
上場企業(マーケティング会社、リサーチ会社、コンサルティング会社)
公益社団法人
メディア会社
新聞社
プロスポーツリーグ

▼ メディア掲載実績
【WEBメディア】
AINOW様『データマッチングプラットフォーム「DP2」が提供開始 −企業は自社データを整形して販売可能に−』
https://ainow.ai/2019/06/27/172916/

【新聞】
日本食品新聞様『アイディオット、データ版フリマサービス「DP2」提供開始』
https://news.nissyoku.co.jp/news/ebata20190708104359089

アポイント支援依頼 1
下記の企業の紹介を求めています

実際に紹介するかどうかは話を聞いた後に判断できます

話を聞くときは対面以外にもビデオ通話も推奨しています
ご紹介していただきたい方
  • データサイエンスに知見のあるB2B営業が得意な方

無料会員登録するとご協力金などの詳細を確認できるようになります

企業情報

株式会社アイディオット

ウェブサイト
住所
〒151-0053
東京都渋谷区代々木1丁目38番17号
業種
情報処理・ソフトウェアサービス ITコンサルティング その他のIT・通信業 通信サービス マーケティング・リサーチ
電話番号
-
設立年度
2015
社員数
1~9
売上
1億以上5億未満
資本金
500,000
サポーター
136
T
N
サポーターになると 「サポーターになった事業一覧」 に追加されます
まずは話を聞きたい
3