【企業向け】応募がアップするご協力金の設定について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!Saleshubの岡山です。

今回は、企業様にとって重要なご協力金の設定についてお話したいと思います。本記事を参考に、自社の事業に見合った無理のない範囲で設定を行っていただくことで、応募率の改善につながるかと思いますのでぜひご参考くださいませ。

そもそもご協力ってどうして設定するの?

ご協力金は、紹介という形で事業拡大に力を貸してくれたサポーターさんへの報酬としてお贈りするものです。ご協力金には、商談アポをセッティングしていただいた際にお支払いする「アポのセッティングに対するご協力金」と商談アポの結果、ビジネスが成約した際にお支払いする「ビジネスの成約に対するご協力金」の2種類があります。

 

企業様のビジネスモデルに合わせて、それぞれご自由に設定いただくことができますが、今回はそんなご協力金を上手に設定いただくことで、応募数を向上できるコツについてお話します。

 

ご協力金の最低価格と最低手数料って何?

Saleshubでは「アポのセッティングに対するご協力金」に最低価格10,000円を設けています。またSaleshubでは、ご協力金の別途35%を手数料として頂戴しておりますが、ご協力金の別途35%が10,000円に満たない場合のみ、最低手数料として一律10,000円をいただいております。

 

サポーター応募が思うように増えない…

Saleshubは紹介によって事業の支援をしてくれるサポーターさんがいてこそですが、なかなか思うようにサポーター応募が集まらないとお悩みの企業様もいらっしゃるかと思います。

今回、Salesubではサポーターさんをより増やすことができるよう、多くの応募を集めるために重要なポイントを整理しました!

 

ご協力金設定額は20,000円以上がおすすめ!

サービスのリリース以降、現在までアポのご協力金設定額は徐々に増加してきており、またご協力金設定額が高いほど、アポが行われる件数が多いことがわかっています。

直近11ヶ月間のご協力金別のアポ完了データで見ても、2万円以上に設定している紹介依頼は比較的アポが完了しやすいというデータが出ています。

より多くの応募を集め、アポを獲得するためにはご協力金を「2万円以上」に設定することをお勧めいたします。注目度を高め、その他競合との差別化を図る意味合いにおいても、このようなご協力金の設定は有効な施策となります。

 

ご協力金の設定に困ったら

もし、適切なご協力金の設定にお悩みの場合はSaleshub担当者より設定アドバイスをさせていただきます。無理のない範囲でご協力金を設定し、応募数アップを目指したいとお考えの方がいらっしゃいましたら、以下のメールアドレスもしくはインターコムよりお気軽にご連絡くださいませ。

連絡先: cs@saleshub.jp

 

Saleshubではこれからも企業様の営業活動に貢献できるよう、有益な情報を発信していきます。もし困ったことがあればいつでもお気軽にお尋ねください!


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。