【対談インタビュー】株式会社LIFE PEPPER×サポーターの飯島さん 後編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Saleshubは、自らのつながりをもとに、応援したい企業へ顧客候補を紹介するアポイント支援プラットフォームとして、多くの方にご利用いただいております。今回は、実際にSaleshubによってアポイントを獲得している株式会社LIFE PEPPERの執行役員である厚海さんと、LIFE PEPPERへご紹介を行っているサポーターの飯島さん(仮名)にお集まりいただき、対談という形で利用のきっかけや、やりがい、感じたことなどを語っていただきました。

[前編] 強いシナジーが生む、企業とサポーターを超えた二人三脚の関係性

 

丁寧な事前情報の共有がスムーズな商談につながる。

 

— なるほど、つまり飯島さんも知人の方に事前にある程度、情報共有をしっかり行っているという?

 

飯島さん:そうですね、私の場合は「LIFE PEPPERという海外マーケティングについて戦略からプロモーションまで一気通貫で支援している企業さんがいて…」という説明からはじまって具体的に「どこの国を狙っているのか」「どんなソリューションを求めているのか」などを伺った上で、厚海さんに「とのことなんですが、提供できますか?」というのは事前に確認してからご紹介するようにしています。

 

厚海さん:事前に丁寧に共有いただいているので、僕らとしても商談をスムーズに進めやすいんですよね。説明もそこそこにいきなり本題から入れるっていう。普通の営業だと建前ばかりで時間を無駄に浪費してしまうことも多いんですが、そういった点もサポーターさんからご紹介いただけることの強みじゃないかと思います。

 

— お二人で商談に行かれることも多いかと思うんですが、その点についてはいかがですか?

 

厚海さん:事前に丁寧に共有いただいてはいますが、やはり同行いただくことの安心感はありますね。何よりも商談が終わったあとに「今回のお客さんはこんな感じでしたね」「次はどう攻めましょう」というようなフィードバックをすぐに出し合えるのは他にはない魅力です。

 

やりがいは本業以外の場所で自分の強みを活かせるということ。

 

— ありがとうございます。ちなみに、飯島さんはSaleshubでサポーターとして活躍されている中で、どんなところにやりがいを感じますか?

飯島さん:そうですね、アポイントに対して協力金が設定されているという点は「やりがい搾取」にならずに取り組めるので、支援する際のひとつのやりがいにはなっています。ですが、それ以上に本業以外の場所で、自分の強みを活かし、社会のために価値を発揮できているというところは、他ではなかなか得ることができない大きなやりがいだと思っています。

 

— 確かに、本業以外で自分の価値を発揮できる場というのはそう多くはないかもしれません。ちなみに飯島さんはご紹介時に気を付けていることなどはありますか?

 

飯島さん:ご紹介をする上で大切なのは数ではなく、やはり質であると思うんです。だからこそ、LIFE PEPPERさんの事業の理解と知人のニーズの把握が大切で、そうでなければどちらにとっても時間の無駄になってしまいます。それにそれらを把握してない状態での商談はちぐはぐになってしまって、非常に気まずいですよね(笑)なので、ニーズのミスマッチが起こらないようにはすごく気を付けています。

 

厚海さん:飯島さんから送られてくる知り合いの方の情報は本当に秀逸なんです。やはりこちらの事業を把握されているのもあって勘所を掴んでいるので、送られてくる情報を読めば一発で「あ~なるほど!今、こういう状況なんですね!」というのが分かります。いや、もう本当に一緒にお仕事をしやすいです(笑) 普通の代理店さんだったらここまでの意思疎通はあり得ないことですからね。

 

大切なのは、いかにサポーターを頼れるか。

 

— 企業としてはそこまで情報をまとめてくれると本当にありがたいですね!ちなみに、このようなリレーションを築くために企業ができることってなにがあると思いますか?

 

厚海さん:そうですね…「本音で話す」これに尽きると思います。何にどれくらい困っていて、何をどうしてほしいのか、自分たちには何ができて、何ができないのか、それをつまびらかに打ち明けるのは大事だと思いますね。「飯島さん、僕たち中国のこと全然わかんないんですけど、どうしたらいいですか!」と。そうするとサポーターさんも「そうであれば、こういうところをおつなぎできますよ」と力を貸してくれるんじゃないでしょうか。

 

飯島さん:Saleshubに限らず、「人に助けを求められるか、人に頼れるか否か」みたいな点は確かに重要かもしれないですね。

 

厚海さん:企業としてサポーターさんに接するんじゃなく、丸裸になったつもりで個人として接した方がきっとサポーターさんもより応援してくれるんじゃないでしょうか。絶対にそういうスタンスが大事だと思いますね。

 

— 最後にお二人に質問なのですが、Saleshubに今後期待することなどあれば教えてください。

厚海さん:もう、飯島さんみたいな方にたくさんサポーターになってほしいということだけです(笑)

 

飯島さん:いやいや、ありがとうございます(笑)

 

厚海さん:あと強いて言うとすれば、マッチングの度合いがもう少し上がると嬉しいです。使っていくうちに、「こんな方もサポーターとしておすすめです」といった具合にマッチングの精度が上がっていく仕組みがあるとありがたいですね。

 

飯島さん:私の場合は魅力的な事業と信頼性を兼ね備えた企業さんがもっとたくさん増えてくれるといいなと思います。応援したいと思える魅力と、知人に勧めてもいいなと思える信頼性が、多くのサポーターさんが支援する基準にもなってくると思うので、信頼できる会社か、そうじゃない会社かを可視化できるフィルタリング機能のようなものがあると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。