共感からはじまる仕組み

ソーシャルセールスとは

ABOUT

ソーシャルセールスとは

企業が自社事業やサービスの理念をインターネットなどを介して発信し、
想いに共感した社外の個人から顧客候補の紹介を募る仕組みです

こんな知り合いいませんか?
ソーシャルセールスの仕組み(Saleshubの例)
その知り合いならいます!
ソーシャルセールスの仕組み(Saleshubセールスハブの例)

ソーシャルセールスが注目されている理由

紹介を依頼する企業側
営業手法としての新しい選択肢

テレアポや飛び込み営業といった、これまでの営業手法での顧客獲得が難しくなりつつある今の時代に「会いたい企業の担当者と知り合いの方に紹介を依頼する」という、個人のつながりをベースにした効果的な営業手法として注目を集めています。

紹介する個人側
副業としての新しい選択肢

ソーシャルセールスにおいてほとんどの場合、企業へ顧客紹介を行った個人には、お礼として金銭的な対価が発生します。このことから、ビジネスマンの方が、これまでの経歴や自らのつながりを活かして活躍できる副業として、ソーシャルセールスを行うケースが増加しています。

BACKGROUND

ソーシャルセールスの背景

今まで

古くから存在していた「紹介営業」

「ソーシャルセールス」はSNSの普及により、広く紹介を募れるようになったことや、副業解禁を契機に個人と企業の関わり方が変化しつつあることなどを背景に生まれた新しい概念です。しかし、周りの方に顧客候補を紹介してもらう「紹介営業」は古くから、日常的な行為として企業文化に浸透していました。「紹介営業」自体はソーシャルセールスと同じく、誰かからの紹介をベースに行われるものであるため、非常にスムーズに商談に漕ぎ着くことができます。

ただ、紹介営業には、自社社員のつながりだけでは紹介の数に限界があるというデメリットがありました。

近年

ソーシャルセールスの誕生

近年、SNS文化の隆盛により広く紹介を募ることが可能になり、紹介営業がソーシャルセールスとして進化・発展した結果、Saleshubのようなソーシャルセールスに特化したプラットフォームが生まれるなど、企業の新たな営業手法として広まりつつあります。

紹介営業のデメリットを解消し、社外から広く紹介を募ることができるようになったのが大きな特長です。

ソーシャルセールスの背景
STRENGTHS

ソーシャルセールスの強み

ソーシャルセールスは、3者にとって大きなメリットがあります

企業側

事業に共感いただいた方々から
顧客候補を紹介してもらえる

従来の企業の成長戦略といえば、多くの営業職の方を抱え、テレアポや飛び込み営業の数を増やし、営業力を高めるのがひとつの方法でした。しかし、ソーシャルセールスの仕組みを活用すれば、社外の方の共感を得て、協力いただくことで、これまでのようにテレアポや飛び込み営業に頼らずとも、毎月数十件単位での顧客紹介を受けることができます。

プロダクトの理念に共感してくれる社外の人がたくさん増えていけば、多くの顧客候補の紹介が集まるようになります。

事業に共感いただいた方々から顧客候補を紹介してもらえる
一般的にテレアポや飛び込み営業に比べ「誰かからの紹介」の方が、商談後の成約率が4倍以上高いと言われています。

さらには、既存の営業手法とは異なり、顧客候補をよく知る、紹介者の目を通すことで「紹介先の役に立つかどうか」が精査され、価値ある事業が本当に最適なところにより早く届くというメリットもあります。 テレアポや飛び込み営業といった、非効率的かつビジネスマンの精神的にも辛かった既存の営業手法に代わる確度の高い営業手法、それがソーシャルセールスです。

個人側

複数の成長企業と関われる

複数の成長企業と関われる

紹介を行う個人にとっては、ソーシャルセールスの仕組みを通して、話題のスタートアップや大手企業をはじめとする様々な成長企業に関わることができる点が大きな特長です。本来、本業を持つビジネスマンが他社の事業に直接関わることは難しいですが、ソーシャルセールスのしくみを活用すれば「顧客候補の紹介」という形で、スキマ時間でも複数の企業と関係性を構築できます。

スキマ時間でできる副業になる

スキマ時間でできる副業になる

顧客候補の紹介によって対価が得られる点も特長です。クラウドソーシングサービスの出現などで、エンジニアやデザイナーがインターネットを通じて気軽に副業を行う環境は整いつつある中、ビジネスマンが気軽に副業を行う環境はまだまだ整備されていないのが現状です。ソーシャルセールスは、そんなビジネスマンが副業として取り組むことができる数少ない手段としても注目されています。

紹介される側

自社の課題を解決しうる
事業を紹介してもらえる

テレアポや飛び込み営業では、いくら商材が優れていても、突然の提案が基本であるため、大きなストレスが強いられる上、話を聞くにまで至らないことがほとんどです。

一方、ソーシャルセールスによる提案では、関係性のある知人や友人から、普段のコミュニケーションを通じて、ニーズを汲み取った確度の高い提案を受けることができます。

そのため、突然のテレアポや飛び込み営業のように、ストレスを感じることもありません。また、その後の商談アポイントにも友人や知人が同席するケースも多いため、安心して臨めるといったメリットもあります。

自社の課題を解決しうる事業を紹介してもらえる
FLOW

ソーシャルセールスの流れ

紹介を依頼する企業側
  1. 1
    依頼を作る
  2. 2
    依頼を広め紹介者を募る
  3. 3
    紹介者と事前打ち合わせする
  4. 4
    商談アポイントのセッティングを依頼する
  5. 5
    報酬を贈る
紹介する個人側
  1. 1
    依頼を探す
  2. 2
    企業に支援できる旨を伝える
  3. 3
    企業と事前打ち合わせする
  4. 4
    商談アポイントをセッティングする
  5. 5
    報酬を受け取る
EPISODE

体験談

Saleshubのソーシャルセールスを体験した方による数多くのエピソードが生まれています

さっそくSaleshubをはじめてみましょう

まずはかんたんな無料登録からスタート