【活用事例】「サラリーマンの働き方が変わる」企業としても活用いただく株式会社空 岡野さんの活用術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ついに政府のモデル就業規則が改訂され、原則副業NGから原則副業OKに切り替わりました。これを皮切りに今後、副業が徐々にスタンダードになっていくことが予想される2018年。個人の働き方は変わりだしています。Saleshubは課題を抱えた知人の力になりながら、副業を行うことができるサービスとして現在10,000人以上の方にご登録いただいております。

今回はホテル旅館向けのサービスを展開される株式会社空にて、取締役として活躍される傍ら、サポーターとしてもSaleshubをご活用いただいている岡野さんに、Saleshub利用のきっかけ、サポーターとしての率直なご意見などをお聞きしてきました!

地殻変動級の衝撃的なサービスだった

— 岡野さんは企業としてもSaleshubをご利用いただいていますが、サービスを知ったきっかけはなんだったのでしょうか?

岡野さん:初めてSaleshubを知ったきっかけはTechCrunchに掲載されていた資金調達の記事でした。そこでサービス内容などを初めて知って企業として問い合わせたというのが最初です。企業側の利用が入り口でしたね。

 

— Saleshubの印象はどうでしたか?

岡野さん:サービス内容を知った時は衝撃でした! 「サラリーマンの働き方が変わるな、地殻変動が起きるぞ」と(笑) そのくらいのインパクトがありました。

 

— ありがとうございます。現在、空さんではどんな事業をされているのでしょうか?

岡野さん:はい、会社ではホテル旅館様向けの客室料金設定をサポートするサービスを提供しています。私は取締役としてビジネスサイドを担当しており、営業やマーケティングを担っています。営業メンバーは現在、私を含め3人でやっています。10人ちょっとのまだ少ないチームなのでみんなでカバーし合いながらやっているような感じですね。

 

— サポーターとしてSaleshubを活用してみて実際どう感じましたか?

岡野さん:正直な話、企業側としてはまだあまり使い込めていないのが現状なのですが、サポーターとしては少しずつご紹介させていただく機会もあり、ある程度まとまった金額のご協力金をいただいています。現在はおかげさまで空の事業が忙しいのですが、時間がある人が本気で取り組めば、Saleshubで相当稼ぐことができるだろうなと思いました。そのくらいのポテンシャルを感じています。

 

— 実際にサポーターとして活躍いただき、ご協力金も獲得されていると思うんですが成功事例などがあれば教えてください。

岡野さん:自分の知人が勤めている会社に「無料で掲載できるし、Saleshubを活用してアポを取ってみたら?」と勧めています。つまりSaleshubさん自身が掲載されている案件をご紹介していますね。なのでご協力金もSaleshubさんからいただいている形になっています(笑) WantedlyさんにもSaleshubさんを紹介させていただきました。

得意とする領域に困っている人がいる場合にSaleshubはぴったり

— Saleshubは知人の課題を解決できることも価値のひとつなのですが、実際に営業をやっていると知り合いのクライアントから「こういう事業ない?」と頼まれることはありますか?

岡野さん:私はもともと楽天で楽天市場に出店している企業のコンサルや広告販売を担当していたのですが、その頃からそういったご依頼やご相談はたくさんありました。今はホテルや旅館様とお付き合いがあるので、そういったところがどのシステムを使えばいいか切り替えなどに悩んでいる時には、お付き合いのあるシステム会社さんを紹介したりなどすることは頻繁にあります。確かに、自分が得意とする領域で困っている人がいる時に、Saleshubを活用するのはぴったりだと思いますね。得意領域だからこそ、知り合いが課題に感じている点もよくわかりますし、事業の魅力にも共感した上でスムーズにおつなぎすることができます。

 

— Saleshubに今後増えていって欲しい案件ありますか?

岡野さん:個人的にですが、どちらかというとスタートアップ系の人脈が強くあったりする方なので、いわゆるベンチャーや規模の大きくない企業さんでも扱えるようなプロダクトがあったりすると、もっとご紹介しやすいかなという気がしています。

 

—最後に、 Saleshubにもっとこうして欲しいといったご要望などがあればお聞かせください。

岡野さん:そうですね、今のSaleshubにはもっとスター性のある人のコンテンツが必要かなと思っていて、“Saleshub長者”のような「アポでこれだけいただいています!」みたいな人にフィーチャーした何かがあるといいなと思います。そういったコンテンツがあることで、それを見た人も背中を押されて動きやすくなると思うし、私にもできるかもと思ってもらうことができるんじゃないでしょうか。

特にまだライトな層の方にサポーター側が実際にどのようにSaleshubを活用するのかが伝わっていない気がしているので、具体的には「サポーターの1日」とかそういうのを見てみたいです。9時から17時の間に働きながら、本業の商談の中で悩みを持っているクライアントさんから課題をピックアップ。Saleshubに掲載されているもので見合うものがあればおつなぎしている、みたいな。

あとは今後対応されると思うのですが、レビュー機能があると「この人が取ってくるアポは他の企業の人も満足しているんだ」という企業側への安心感の指標になるし、より質を高めていくためのサイクルを構築していけるのではないかと思っています。

 


岡野さんは株式会社空としてもSaleshubをご活用いただく傍ら、サポーターとしてSaleshubに顧客を紹介してくれることもある心強いサポーターさんの一人です。今回、岡野さんからいただいたアドバイスにもあったようにSalesubを使いこなしているサポーターさんの1日に密着してみるというのは確かに、これまでうまく使いこなせていなかったサポーターさんへの後押しにもつながるかもしれません。

すでにご活用いただいている方にはもちろん、まだ登録いただいていない方にもぜひ、Saleshubを活用いただくことで、周りの誰かの力になっていただけると嬉しいです。

▼ 紹介依頼一覧は こちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さっそくSaleshubを始めよう!

『Saleshub』は知り合いの企業と掲載企業をあなたがおつなぎするビジネスマッチングサービスです。商談アポのセッティングひとつで、知り合いの企業と掲載企業に貢献でき、お祝い金を獲得することができ、これまでに約10,000人ものビジネスマンの方にご登録いただいております。


あなたもさっそくSaleshubを活用して、商談アポのセッティングだけでできる本業を続けながらできる副業を始めてみましょう。


かんたん1分!無料会員登録

SNSでもご購読できます。